子育てを楽しむコツ

育ては少し考え方を変えるだけで、不安やストレスが軽減され楽しくなります。こちらでは子育てが楽しめない方に向けて、子育てを楽しむコツをご紹介いたします。

子育ての本に頼っても本の通りにはならない

子育ての本は、たくさん出ています。きっと何冊か読んだことがあるのではないでしょうか。書いてある通りにすれば、わが子が育つはずだと考えて、努力されたと思います。しかし、なかなか本の通りにならないと思ったことはありませんか。それが当たり前です。本来子育ては、目の前の子どものためのものです。目の前のあなたのお子さんの事を知って、書かれた本など一冊もありません。つまり、読まれた本は、あなたのお子さんのための本ではありません。本に頼るのではなく、あなたがあなたのお子さんのための本を書くのです。子育ては、子育ての本を書くための材料集めだと思って、失敗も受け入れましょう。

育てる過程が子育てになる

自分の思い通りの子どもが動けば、楽な子育てになると考えていませんか?子どもは、親のロボットではありません。子どもは人格をもった独特の存在です。もし、子どもが、思い通りに動いていたら、「ひょっとすると、子ども自身は、自分の人生を歩んでいないかもしれない。」と考えた方がよいかもしれません。子どもとぶつかることがあって当たり前と考えると子育てが変わります。子どもがあなたが歩んだ幼い頃の歩みと同じようになるはずがありません。今の時代に合った育ち方をするのが子どもです。焦らず、じっくりわが子をよく見て、わが子に合わせて子育てすると楽になります。(これを邪魔するのが、あなたの見栄や自尊心などのあなたの心です。目の前の子どもを素直に受け入れ、誠実に対応するしかありません。結果ではなく、育てる過程が子どもの育ちになります。)

わが子を一人で抱えず、みんなで育てる

子育てをしていると、子どもと関わるパートナーや家族、両親、友人などから、あなたにいろいろな思いをぶつけられることがあるでしょう。そして、子どものためだと考えて、思いを受け取り、「頑張らなければ」と子育てをすると無理が生じます。子育ては、あなた一人でするものではありません。子どもと関わる人すべてが、子どもと関わるその時に精一杯関わることが、子育てになります。ですから、思いをぶつけられた時には、「ありがとうございます。私を助けてくださるのですね。私も努力しますが、そのことをあなたがわが子にしてくださいませんか。」と話し、相手と一緒に子育てをしようというサインを送りましょう。

子どもは、接した人から様々な体験をします。真逆の体験もあるはずです。どれもこれから子どもが、生きていく世界では、必要なことになります。わが子を信じて、子どもと関わる人に任せることも子育てです。

子育ては、自分を知る機会

あなたは、自分が好きですか?それとも嫌いですか?自分が嫌いと言う人は、子育ても嫌いになりがちです。

それは、子どもは、あなたそのものだからです。子どもは、あなたの言う事でなく、する事を真似て育っています。子どもは、生まれてから今日まで、世界で一番うまく生きているのは、あなただと思って真似て生きています。ですから、あなたそっくりになっても不思議ではありません。子どもの問題と感じることは、実はあなたの問題です。

子どもは、「あなたの姿を教えてくれる存在」です。あなたの好きな面も嫌いな面もみんな子どもが見せてくれます。

つまり、子育ては、好きな自分、嫌いな自分を発見する機会です。

子育てがうまくいかないと思った時こそ、自分を知る機会です。「そうか、私には、こんなところがある。」と思えば、子どもを責めることは少なくなります。(子どもを責めることが、ストレスを生む大きな要因になっています)

ただし、この時自分を知って自分を責めると辛くなります。自分を責めないためには、自分と自分の価値観をわけて考えます。わけるコツを身に付けると自分を容易に受け入れることができます。 (自分を知りたくない、見たくないという方、コツをつかみたいという方は、是非ご相談ください。)

子育てを楽しみたいという方には、子育てを楽しむコツを提供します。是非ファミリーアシストあすなろ教室にご相談ください。

岐阜市にあるファミリーアシストあすなろ教室では、メールやスカイプで子育ての悩み相談を承っています。子どもが話を聞かない、子どもとの関わり方がわからない、子どもの学校のこと(勉強や宿題をしてくれない、登校拒否)、家庭での問題(暴力、嘘、言葉遣い、躾)で悩んでいるという方は、お気軽にファミリーアシストあすなろ教室をご利用ください。

 

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system