3つの準備 

 

遠足や旅行と同様に何かを始める時にはいくつか準備をする。

 計画を立てたり、そのために必要なものを用意したり、体調を整えたり これはどんなことをする時に必要である。それを意識してするかそうでないかによって育ちに違いが生まれてくる。

 

  3つの準備

計画を立てる

心の準備(これ頑張ろう、あれしよう)

必要なものを用意する

ものの準備(必要な道具や材料など)

体調を整える

体の準備(病気になったり、健康を害したりしない)

 学習では

こころの準備

学習の内容について、見通しを持ったり、予習したりする。

ものの準備

学習内容に合わせて、必要なものを準備する。

体の準備

教室の換気、明るさなど勉強しやすい環境にする。

トイレに行っておく

 いつ準備するのか

  始まってから準備していては遅い。始まる前に準備しておくこと

  

この3つの準備がなされていると、子どもはすぐに学習を始めたくなる。 「先生、何するの?」と言わせるのは教師が事前に内容を伝えていないことが多い。やれない子どもを叱るより、やれる子どもにするための指導が大事。自ら準備を家で考えてくる子どもがいれば嬉しくなるはず。

質問や疑問はこちらへ(相談窓口)

inserted by FC2 system