子どもから信頼される教師になるには

 教師は子どもや保護者、地域など多くの人から期待を求められる存在です。  保護者や地域の方は、子どもと比べると直接かかわることが少なく、少し離れた立場から教師を見ることができます。そのため、子どもよりも客観的な意見を教師に求めることが多くなります。しかし、直接かかわる子どもは保護者や地域とは異なる目線で教師を見ています。
 そして、どの教師も子どもから信頼される教師になるために、日々努力をしています。

教師という存在

 子どもにとって教師は、これから進もうとする道を案内してくれる指南役を担っています。そのため、保護者や地域とは異なり、子どもたちは教師に尊敬の念をもち、ポジティブな印象を抱いています。そして、子どもたちは、教師を「自分をきちんと受け止めてくれる人」ととらえ、自分の生き方がこれでよいかと問いかけながら、自分らしさを教師にぶつけてきます。その自分らしさが、時には、子ども同士のトラブルになったり、教師への反発になったりします。その時、子どもたちは、「教師は、どんな反応をするのだろう。」と教師の生き方を試しているのです。

子どもが求める「理想の教師像」

 子どもたちが尊敬できる先生として「授業が分かりやすい先生」・「困った時に相談できる先生」を挙げています。
 わかりやすい授業をすることは、教師として当然ですが、子どもたちは、心の支えとして、自分の困り事や心配事に真剣に対応してくれる教師を求めています。

子どもから頼られる存在に

 これらの期待に応えようと日々努力されていると思います。しかし、日々の仕事に追われ、時間のない中での取組のため、成果が上がらないと感じている教師が多くいます。ファミリーアシストあすなろ教室では、教育相談を行い、効果的な対応の仕方を学ぶ機会を提供し、力量を伸ばすことができます。

指導力向上・コミュニケーションの能力の向上など教師のための教育相談・悩み相談のことなら、ファミリーアシストあすなろ教室にお任せください。長年の教育生活から学んだノウハウをもとに適切な支援をいたします。

子どもとうまく関われない、保護者への対応に不安を感じる、仕事に自信がないなどの問題を抱えている方は、「教師向け何でも相談」に申し込まれ、スカイプによる個人セッションをご利用ください。ファミリーアシストあすなろ教室の「教師向け何度も相談」を体験することで、教師としての自信を取り戻せるようになります。

 

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system